2012年9月23日日曜日

講演会「始めよう!続けよう!楽しい自閉症支援」

昨日9月22日(土)、北海道自閉症協会札幌分会(ポプラ会)・自閉症援助技術研究会
共催の特別公開講座に出席してきました。

「始めよう!続けよう!たのしい自閉症支援」
~自立した生活を支えるフレームワーク~

講師は、水野敦之(みずのあつし)さんでした。
児童発達支援センターぐるんぱの総括ディレクターなど
コーディネーター系の肩書満載のお方です。

出席されていた方は、実際に仕事として支援が必要な方々と関わる職種の人が多いように感じました。

なので、
専門用語も飛び交い、早い口調でどんどん進むので
知識の浅い一般の主婦にはちょっと難しく感じました…(>_<)

でも
始終、ちんぷんかんぷんだったわけではありません。

水野さんのお話を聞いて
「終わり」を指示する重要さを改めて知りました。

いつ
どこで
何を
どのように
どうなったら終わりか
終わったら何があるか

その本人にとって具体的な指示が必要。

確かに!
我が家でも、終わりが曖昧で、それに気を取られているこっちゃんが
何やらいろいろな問題を発生させますね…^^;

もう一度丁寧に接していこう!と思いました。
震災時の支援の話など、少し胸が苦しくなりながらも勉強になりました。
避難訓練の考え方と方法も
これは命に関わることですから、
ぐるんぱでの避難訓練の方法が全国のスタンダードになればいいと思いました。

講演会は勉強になるので大好きです。
自分が出席すれば、その内容をほかの方に伝えることもできます。
伝えたお母さんたちみんなで、話し合うことで学びが深まります。

興味関心があるものには、ぜーんぶ出席したいくらい!

しかし…
たいてい土日なんですよねぇ…
講師をされる先生たちにも仕事があるわけで、仕方のないことですが
子どもの発達に関するものはぜひ夫婦で出席したいのです。

でも
子どもと一緒にお留守番してもらえる人がいないとそれは叶いません。
友人、おば、義母がNGならば
もう諦めるしかありません…。

だって
ヘルパーさんや託児を頼んだら
ひとり1時間700~800円かかります。
講演会場への往復時間を考えると、たいてい3時間以上になるわけです。
我が家の場合、二人目が半額としても
最低3000円超え。。。

そこに
講演会が有料だったりすると、さらに費用がかさみます。

そこまでして出たい講演会ももちろんあるので
過去に何度も、贅沢な講演会を味わったことがありますが
たいていは…諦めると思います。

子どもたちをどこにも預けられなくて
発達について勉強したいけど諦めるお母さんもたくさんいるんですよね。

今、苦しみ悩みながら子育てしている母親が聞いて
育児に応用していけるのが一番だと思うのになぁ。




水野敦之さんの著書です。

0 件のコメント:

コメントを投稿